元女優の名誉毀損、文芸春秋に賠償と謝罪命令

元女優の名誉毀損、文芸春秋に賠償と謝罪命令(読売新聞)

名誉毀損裁判に、ここでも謝罪命令が出された。
民法723条には、名誉毀損における原状回復型が定められている。
「他人の名誉を毀損した者に対して被害者の名誉を回復するに適当な処分」として、
謝罪広告を新聞紙等に掲載すべきことを加害者に命ずることは、
従来学説判例ともに、認められている。
なお、謝罪広告を新聞紙等に掲載することは、実際においても行われている。
当該事案において、裁判所は、「名誉毀損の程度は著しく、継続中の政治活動を妨げている」と述べ、
謝罪広告は同誌の広告やグラビアを除く最初のページのほか、1年間は同誌サイトのトップページに掲載するよう指定した。
この判例は、名誉毀損の程度が著しい場合に、謝罪命令が出されるという好例である。
逆もまた真である。
謝罪命令が出されるということは、名誉毀損行為の程度が悪質であるという証左でもある。
泣き寝入りは得策ではない。
侵害される権利に対しては、正当な権利を主張すべきだ。
勇気づけられる判決だ。
「法は権利の上に眠るものはこれを保護しない」である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.