三重県VS滋賀県のクマ問題

女性襲ったクマ、三重県が滋賀県に放した可能性…滋賀県が三重県に抗議へ(産経新聞)

クマった話…ではなく困った話である。
などと書くと不謹慎だと怒られそうだが、
「連絡もせず他県にクマを放すなど常識では考えられない」
という滋賀県側の憤りは当然だろう。
仮に連絡したら滋賀県側は「やめてくれ」というに決まっているだろうが、元を正せばクマへの対処が自治体ごとに異なっているということ自体が問題であろう。
日本国内で猛獣といえば、オオカミが絶滅している以上、まずはクマである。
それなのに、地方自治体で対処がてんでバラバラでは、クマによる死傷事故のリスクは減らせるはずもない。
こういった問題に関しては、国が主導してガイドラインを策定し、地方自治体の対応をしっかりとチェックしてもらいたいものだ。
国家の防衛政策に関する議論も大事だが、こういった問題についてもぜひ議論を深めてほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.