横浜高校渡辺監督の最後の夏終わる

<高校野球速報>横浜・渡辺監督、最後の夏終わる!(THE PAGE)

決勝という最高の舞台で、東海大相模という最強のライバルと戦って敗れるフィナーレは、高校野球を代表する名将にふさわしいものだった。
東海大相模の小笠原慎之介投手も、甲子園に出場するに相応しいピッチングであり、渡辺監督率いる横浜高校を倒したことは自信となり、その自信がさらなる成長を促すことだろう。
「敗れて悔いなし」とはいかないだろうが、渡辺監督も、ノーシードのチームを率いての決勝進出であり、2年生に有望な選手を残した状態でチームを引き継げるのは、
ある意味で納得できる終わり方だったのではないだろうか。
長年の蓄積した疲労や、体調不良など様々な問題を抱えてはいるのだろうが、
これまで48年の監督生活で築き上げて来た実績と経験の数々を今後も何らかの形で活かしてほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.