無戸籍33年間に過料

「無理解で無慈悲」と娘が取り消し訴え 藤沢簡裁・無戸籍で母に過料(カナロコ by 神奈川新聞)

大岡裁きのような情に溢れ、道義を貫く判断を期待するのは簡裁には荷が重いのかもしれない。
他に取るべき方法がなかったのか、母親の判断と行動についても精査されるべきではあるが、
この裁判の決着とは別に、DVのような事案に苦しむ人々が、法の狭間でさらに苦しめられるような状態は一刻も早く解消されなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.