国連で「ごみ」の昼食

国連の昼食会合で「ごみ」提供、食べものの無駄訴え(AFP=時事)

「ごみ」と聞くとショッキングだが、本来ならば廃棄処分されるはずの食材を料理人たちが料理として提供したものだそうだ。
世界の食糧問題は、これくらいのショック療法でもまだ足りないくらい深刻である。
ぜひ、「ごみ」の昼食に刺激を受けて、食糧問題の改善に取り組んでもらいたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.