東芝、異例の社長信任投票

11月に異例の社長信任投票 東芝、幹部120人が無記名で(SankeiBiz)

信任投票を行い、企業再生への決意と覚悟を示すというのならば、幹部社員だけでなく、一般社員全員からの投票を求めるべきであろう。
東芝の抱える危機は、元は旧経営陣の犯した過ちとはいえ、全社員が一丸となって取り組まなければならない問題である。
そのための通過儀礼として、幹部だけの信任投票では足りないと考える。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.