自宅前の道、植木鉢で塞ぎ、逮捕!

自宅前の道、植木鉢で塞いだ疑い 堺の夫婦逮捕(朝日新聞デジタル)

公共の福祉をどうとらえるかの話である。
所有権絶対の原則により、
所有物の使用収益は所有者の自由である。
しかし、その「自由」も絶対ではない。
「公共の福祉に反しない限り」という制限がかかるからだ。
「公共の福祉」とは、簡単に言えば、
「みんなの幸せに逆行しなければ」という縛りである。
このトラブルは、根が深い。
こうした迷惑行為が15年以上にわたり、行われており、
この度、漸く、逮捕となった。
国家権力の行使が謙抑的であることは重要だが、
被害者の精神的苦痛を、徒に
永年に渡り継続させることの是非を真摯に考えたい。
加害者の人権が守られ過ぎである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.