通勤手当、月15万円まで非課税

通勤手当、月15万円まで非課税=国税クレジット納付も―政府・与党(時事通信)

社会事情に合わせて、税金の在り方も変わる。
消費税10%に伴い、軽減税率の話題は良く聞くが、
通勤手当の非課税枠が拡大されるという。
これは、労働者の働き方が変わってきたことに伴う措置らしい。
いまや、新幹線通勤は当たり前…ということなのか。
優秀な人材は、遠隔からでも雇う。
魅力ある会社には、遠隔でも勤務したい。
企業の活動拠点が広域化したゆえの対策だ。
いくらネットが拡充されても、
やはり要は、「face to face」なのだろう。

そして国税も、クレジット納付か。
税金の重みがなくなってきたように思う。

br>

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.