名誉毀損の「コンビニ店員」

客の顔から免許証まで晒した「セブン-イレブン」店員 「殺害予告」で警察沙汰、ツイッターは大炎上(J-CASTニュース)

インターネット上での発言は、何をしても許されると
大いなる誤解をしている人がこのところ少なくない。
直接相手に対して物言いをするわけでなく、
一人、パソコンの画面に向かって書き続けている。
相手の表情が見えない、
相手の反論が聞こえない
だから、表現の自由を金科玉条に、
公共の福祉をうち忘れて、
思ったままのことを書き綴ってしまう。
偏頗な考え方を、頑なに正義と誤信し、
天誅を下すが如く、
自分の気に入らない相手を完膚なきまでに罵倒してしまう。

「自分は悪くない。
悪いのは、自分にそう思わせた相手だ。」
責任を周囲に転嫁するのが、
こうした人たちの特徴的思考であるため
反省がない。
反省がないから、性懲りもせずに悪癖を常習する。
外見は大人でも、精神が成熟していない人間が少なからず
この手の罪を犯すのではないだろうか。
こうした人間は、社会全体で制裁を加えなければ、
いつになっても改心することはないだろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.