「血のにじむような練習」の成果

羽生、世界最高得点に「ビックリ」も「血のにじむような練習してきた」(スポニチアネックス)

王者が王者の椅子に座り続けるためには、
並大抵な努力では済まないことがわかる記事である。
頂点を極めた人は孤高だ。
目指すべき目標は実在しない。
すなわち、過去の自分との闘いである。
華やかなリンクでは、想像もつかないような練習を重ねているのだろう。
血のにじむような練習を土台に、ゆるぎない自信が培われるのだろう。
努力してきた人が、結果を出しつつ、その労苦を飄々と語る様は、
王者たる者の威厳である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.