「保育園落ちた 日本死ね!!!」

国勢調査人口、初の減少=0.7%減、1億2711万人―39道府県マイナス(時事通信)

いよいよ、人口増の頭打ちである。
少子高齢化に拍車がかかる。
労働人口の減少が、経済の失速を生む。
将来の展望は、お世辞にも明るいとは言えない。
若い人が少なく、老人ばかりの島国。
女性の活躍を促す政策を、
マニュフェストに掲げたアベノミクスはどこへ行った。
ネット上では、入学、入園、新年度を控えたこの時期、
「保育園落ちた 日本死ね!!!」と題した、書き込みが話題を呼んでいる。
保育園の待機児童問題は、いつになったら解消するのだろうか?
次世代を担う子供は、促成栽培できない。
人口減少に歯止めをかける政策を、先送りしてはならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.