元客室乗務員が逆転敗訴

元客室乗務員が逆転敗訴=日航の整理解雇―大阪高裁(時事通信)

判決文を読まないと、はっきりしたことは言えないが、
いずれにしても裁判は、時間もかかるし、金もかかる。
裁判所に対して、
如何に自分の主張を聞き届けてもらえるかが最大の焦点であり、
知恵を絞らなければならない。
同じ事案であっても、一審と二審が真逆の判断をすることもある。
裁判所にしてみれば、数多くの中の一裁判であるが、
当事者にとっては、その後の人生を左右するかもしれない大きな意味を持つ。
ときには、教科書通りにいかない場合もある。
それでも、泣き寝入りをしてしまえばそれまでだ。
プライドを懸けて闘わなければならないときは、
粛々と対策を講じていくしかない。
正当な権利の主張を、品格を持って行う。
これが裁判における攻撃防御、知的論争である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.