4800年前の母親の化石、腕に嬰児

台湾で4800年前の母親の化石発見、抱く(ロイター)

どのような状況で絶命したのだろうか。
就寝中だったのか?
不慮の事故に違いない。
化石は、慈悲に満ちていて、美しさすら感じる。
4800年前も、変わらぬ母子の愛情が存在した。
現在に至るまで、その間、脈々と愛情が受け継がれてきた。
なんとも不思議な思いである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.