野外ライブ会場付近で落雷死 大阪地裁は「自己責任」

EXILEの野外ライブ会場付近で落雷死 大阪地裁は「自己責任」(BuzzFeed Japan)

注目の裁判は、自己責任の判断が下された。
落雷という自然現象を結果予測して、
野外ライブ会場付近に訪れた客を、いかに安全に誘導しなければならないか
安全配慮の幅が争点となった裁判である。
楽しみにしていたお気に入りグループのライブ会場で、
公園全体がライブ会場の延長上のお祭り騒ぎ。
その、公園内で起きた落雷につき、主催者に安全配慮義務は課せられないのか。
自己責任といいつつ、木下の雨宿りは、被害者だけがとった行動ではなく、
その他少なからずの方が、同様に行動していたとなれば、
客に対して、イベント主催者には、適切な避難誘導の指示をする義務がなかったのだろうか。
詳細は定かではないが、被害者の親御さんのお気持ちを思うと、実に無念である。
責任と義務のバランスをどう調整するのか、
客の自己責任に加えて、
主催者側にも、同様な事故を回避する努力は求められてしかるべきだと思う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.