セブンお家騒動 

セブンお家騒動 鈴木氏退任後の処遇をめぐりなおせめぎ合い 社外取締役にも矛先が(産経新聞)

所帯が大きいと、世代交代の時、お家騒動が大変だ。
つい最近では、大塚家具のそれが記憶に新しい。
はたで見ていると、権力闘争が茶番に見える。
当の本人らは大まじめでやっているのであろうが、
人間、いつまでも、権力の座にしがみつくことはできない。
また、創始者でなければ
会社を維持・存続できないできないというのであれば、
会社として成熟していないことになる。
大手といわれる会社の社会的責任は、顧客満足度に応えることと、
社員の安定した雇用環境である。
はっきり言って、誰が社長でも会長でも、市場社会に大きな大差はない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.