宙に浮いていた民家が崩落

長崎 崖崩れがさらに進み、宙に浮いていた民家が崩落(TBS系(JNN))

2日間程度で、平年の1か月の大雨を観測としてるという九州地方。
異常気象に、人はなすすべもない。
長年住み慣れた我が家の倒壊を目の当たりにして、
住人は、さぞやるせなさでいっぱいだったろう。
傾斜地に立つ家は、土台が崩れてしまえば、そこに家を再建することもできない。
気の毒の一言に尽きる。
自然の猛威は容赦を知らない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.