愛され56年…名物タワー引退へ

愛され56年…花やしきの名物タワー引退へ(読売新聞)

浅草のシンボルとでもいうべき、
花屋敷のタワーがなくなる。
街に同化していた建築物がなくなることは寂しい限りだ。
新しいものも、時間の経過とともに古くなる。
古くなれば、淘汰される。
ある意味人間も同じだ。
しかし、人の遺伝子は、子孫に受け継がれ、
偉業は、未来にわたり語り継がれる。
生きた証が、どのように語り伝えられるか。
人生の集大成である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.