車椅子男性、43年後に誤診と判明 今は歩いてカフェにも

車椅子の男性、43年後に誤診と判明 いまは歩いてカフェにも(AFP=時事)

奇跡だ。
43年間、車いす生活で、一生歩けないと思っていた人が、
実は別の病気で、歩けるようになったとは…。
しかし、そもそも、医師の誤診である。
世の中全て疑ってかかること、
ここから、打開策の意図が見えてきそうな気がする。
信じる者は、救われない。
「最初に診断した病院に対して不信感は抱いていないと断言。
『とにかく人生を満喫したい』と語った。」
というが、淡々と人生を受け止める姿勢は、学ぶべき部分が少なくない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.