新人女性教員自殺、高裁も「公務に起因」認定 死後10年超、

新人女性教員自殺、高裁も「公務に起因」認定 死後10年超、遺族「長く苦しい」戦い(弁護士ドットコム)

電通の、高橋まつりさんと同様な事案だ。
新入職員には、せめて、一定期間に経験を積んでもらってから、
労働力としての頭数とカウントしてもらいたい。
仕事に起因して、せっかくの有能な人材を失うことは、
本人やご遺族はもとより、社会的大損失である。
業種を超えて、絶対に「次」を作ってはならない。
子供に、義務教育を受ける権利があるように、
新卒の採用には、応分のモラトリアム期(人間の発達を可能にする準備期間)を設定してあげたい。
亡くなった方が戻ってくるわけではないが、
今回の判決は、ようやく、
ご遺族の気持ちに沿ったものとなったことであろう。
これ以上悲しい思いをする人を作ってはいけない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.