時が止まった6年 やるせなくなる1枚

時が止まった6年 福島・双葉町(産経新聞)

やるせなくなる1枚の風景である。
時が止まったままの空間。
明日になったら、子供たちの屈託のない笑い声が聞こえてきそうだ。
あれから、もうすぐ6年になろうとしている。
だが、状況は変わっていない。
この教室は、何年生の教室だったのだろうか。
ランドセルの持ち主が、このとき6年生だったら、
現在は、高校3年生である。
それぞれ異なる避難先で、
このクラスの子供たちは、
その後どういう生活をしてきたのだろうか。
取り残された、この空間が、実に切ない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.