解雇トラブル金銭で解決 厚労省、制度導入本格検討へ

解雇トラブル金銭で解決 厚労省、制度導入本格検討へ 「解雇助長」労働界強く反発(北海道新聞)

労働者のレベルは、人それぞれである。
闘争心が旺盛な労働者は、自分の意思でとことん会社と戦えばいい。
しかし、そうでない労働者は、
こと、ユニオンに加入することを憚るようであれば、
とりあえずこうした道が開けることは喜ばしいことなのではないか。
裁判をすることなく、一定の補償がされる。

労働者の教育を企業だけの責任にされても、
企業は規模の大小で、対応に差異が出るのは当然である。
戦後すぐ、金の卵といわれた、中卒の集団就職の時代とは異なり
現代の企業は、単なる慈善事業の団体ではない。
即戦力になる労働者を雇い入れようとすることが
ブラックの要因に直結するとは思えない。
労働者の側も、会社が解雇したくない人財になるよう、
意識も技能も、レベルアップすれば、こうした問題は少なくなるようにも思える。
自分には何ができるか。
それが、労働者が企業での生き残れるための、決定打ではないだろうか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.