「犯罪者のままでは死ねない」

「あたいはやっちょらん」言い続けた“鉄の女” 大崎事件・再審決定に「今度こそ」(西日本新聞社)

「犯罪者のままでは死ねない」
90歳の人生において、
38年も無罪を主張し続けなければならなかったことは、
どれだけの忍耐が要っただろうか。
冤罪ならば気の毒すぎる。
だからこそ、疑わしきは罰せず。
国は、謙抑的でなければならない。
しかし、これを恐れて、謙抑的すぎるのもまた考え物だ。
司法は全てバランスの問題だが、
今度こそ、正しい判断がされることを祈る。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.