<加藤一二三九段>思い出対局

<加藤一二三九段>思い出対局「名人位奪取の82年第8局」(毎日新聞)

将棋界が注目される。
若い藤井四段と、最初に対決したのが、引退した「ひふみん」だ。
天才も、何時かは、その座を追われる。
62年10カ月の現役生活を過ごした「ひふみん」は、やはりすごい棋士だ。
その天然も愛すべき素養の一つかもしれない。
細かいことを言えば、写真の花束が後ろ向きだ。
少々のことを気にしない自然体が、なんとも親しみを感じさせる。
若い藤井四段と、引退の「ひふみん」。
好対象の二人が、またまた将棋界のイメージをあげたのではないか。
将棋界の重鎮に、こうした言い方をしたら失礼かもしれないが、「ひふみん」お疲れ様である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.