バリ島火山、危険区域に残された動物たちを愛護団体が救出

バリ島火山、危険区域に残された動物たちを愛護団体が救出(AFP=時事)

命は、尊い。
それは、人間だけではない。
この世界に生きる、すべての生き物の命が尊いのだ。
噴火の危険に備え、動物の退避を支援する団体には敬意を表する。
こうした人たちがいる中で、
北は、死なば、諸共の施策を続ける。
だから、核は怖い。
人類滅亡に直結する核を安易に使用しようとする神経が怖い。
それを止めることができない、国際社会の不甲斐なさを痛く感じる。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.