「社会保険労務士とユニオンに係る、弁護士法72条違反との一考察」3

4 社労士の団交参加
 ユニオンの中には、社労士が団体交渉の場に参加することは、弁護士法72条に抵触するとの主張をするものもある。
しかし、その主張は誤りである。

(1)社労士の業務
 社労士は、社労士法2条に掲げる事務を行うことを業とすると定められている。
同条3号には、「事業における労務管理その他の労働に関する事項及び労働社会保険諸法令に基づく社会保険に関する事項について相談に応じ、又は指導すること。」と定められており、
労働に関する法令の規定がある事項であると否とを問わず、労務管理に関する一切の事項について、
労働争議に介入することにならない限りは、団体交渉への出席、労働協約の検討などの労使関係に関する事項も、社労士が行う相談・指導の事務に含まれる範囲のものとなる。

(2)社労士が争議行為の対策の検討、決定に参与することについて
社労士は、業として当事者の一方の行う争議行為の対策の検討、決定等に参与することができる。
 社労士法の一部を改正する法律(平成17年法律第62号)により、従前の法である、社労士法(昭和43年法律第89号。)第2条第1項第3号かっこ書においては、
社労士が業として「労働争議に介入することとなるもの」について相談・指導の事務を行うことができない旨規定し、同法第23条は開業社労士については業として行うか否かにかかわらず、
労働争議に介入することを禁止していたところ、改正法により、これらの規定が削除された。
 つまり、この改正によって、争議行為が発生し、又は発生するおそれがある状態において、
社労士は業として当事者の一方の行う争議行為の対策の検討、決定等に参与することができることを確認されたのである。
また、全国社会保険労務士会連合会は平成18年6月30日付で「社会保険労務士法第2条第1項第3号かっこ書及び第23条の削除に伴う法解釈について」と題した“通達”を出した。
その中で、同連合会は、「処分権をもつ代理人になることは弁護士法第72条に反しない限り、当然社会保険労務士の業務である」との見解を明確にし、社労士が業務として団体交渉に出席することの正当性を明らかにしている。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「社会保険労務士とユニオンに係る、弁護士法72条違反との一考察」2

2 ユニオンとは(概要)
ユニオンは、「一人でも入れる労働組合」を標榜した、個人加盟方式を採用している。
その結果、ユニオンは、加盟した労働者の労使関係に介入することになるが、
この労使紛争は、組合員個人の労働基本権の維持改善を目的とするため、実態としては個別労働紛争に属するものといえる。
そして、介入したユニオンが最終的に「解決金」などの名目で相当額の対価を組合員から入手することは、
業として、あるいは報酬を得る目的で法律的事務を処理することといえ、弁護士法72条で罰則をもって禁じられている「非弁行為」に抵触するおそれがあるといえる。

3 弁護士法72条の解釈
弁護士法72条とは、どのように解釈されるべきであろうか。
まず、押さえておかなければならないことは、なぜ弁護士法72条が排他的既判力、つまり非弁護士による法律事務の取り扱い等を排除しているかということである。
弁護士又は弁護士法人が、報酬を得る目的で他人の法律事務等を取り扱うことが許されている理由は、
①「職務を適正に為し得るだけの資格を有している」という点と、
②「職務を適正に担保する規律に服することを予定している」点にある。
資格と、職務規律による担保があるがゆえに、弁護士又は弁護士法人は他人の法律事務に介入することが正当化されるのである。
ここで注意すべきは、ただし書きの存在である。そこには、「ただし、この法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」とあり、
弁護士・弁護士法人以外にも、①・②の要件を具備する専門家に法律事務への介入を許す余地がことを、条文上、あらかじめ規定しているのである。
この「別段の定め」に該当するものとして、司法書士法3条の簡易裁判所における訴訟代理権や、社労士法2条1項1号の4、1号の6ならびに2条3項がある。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「社会保険労務士とユニオンに係る、弁護士法72条違反との一考察」1

以下に、論文を掲載する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1 はじめに
 社会保険労務士(以下、「社労士」という。)は、社会保険労務士の一部を改正する法律(平成17年法律第62号)施行以前、
旧法23条により、業として行うか否かにかかわらず、労働争議に介入することを禁じられていたものであるが、
前記改正法が施行された後、現行法ではこの条文は削除されている。
この件につき、厚生労働省は通達(平成18年3月1日付厚生労働省基発第0301003号・庁文発第0301001号)で、
「争議行為が発生し、又は発生するおそれがある状態において、社会保険労務士は業として当事者の一方の行う争議行為の対策の検討、
決定などに参与することとなること。しかしながら、労働争議時の団体交渉において、一方の代理人になることは法第2条第2項の業務には含まれず、
社会保険労務士の業務として引き続き行うことができないこと。」と示し、
全国社会保険労務士会連合会は、「従来からの法解釈に基づき、労働協約の締結等のため団体交渉の場に、当事者の一方の委任を受けて、
当事者の一方とともに出席し、交渉することは、法第2条第1項第3項の業務に含まれ、
処分権限をもつ代理人になる等弁護士法第72条に反しない限り当然に社会保険労務士の業務である」(平成18年6月30日付)
との見解を示しており、社労士としては、事実行為の部分で代行することができるのだが、こうした代行が再び制限される方向に議論が進んでいるやに仄聞する。
 他方、個別の労働争議に際して、ユニオン(「合同労組」以下同じ)が介入するケースが多い。
ユニオンの介入行為においては、ときには使用者側の個人宅に押し掛けたり、その周辺において街宣活動または中傷ビラの頒布をしたり、
及びこれらに類する行為により、個人の私生活を破壊することならびにその恐れを抱かせる反社会的行為が散見される。
さらに、こうした反社会的行為以前に、労働者の個人加入が可能であり、かつ、報酬の規定・収受につき、弁護士法72条との関係で、それが適法なのか否かにつき、喫緊の判断を要する。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「社会保険労務士とユニオンに係る、弁護士法72条違反との一考察」2

今、何が問題か、
なぜそうした問題が発生するのか、
問題を解決するにはどうしたらよいのか。
私達の人生は、その行く手を塞ぐ、
問題解決の試練の連続であるといっても過言ではない。
我々の業界に直結した問題であり、我々を正当な業務から排除すべく、
論難を吹きかける者、自身が、72条違反の可能性が高い場合、
それを是正しようとするのは当然のことである。
その意味を深く考えず、長いものには巻かれろ式に、
言われるがままに、唯々諾々としている会と会員の様に諦観する。
しかし、これだけ大勢の会員が所属している会なのだから、
少しでも会の行末を真摯に考える会員がいるのではないか、
そうした一縷の望みから、そうした会員に働きかけるべく、
上梓したのが先の考察である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

社会保険労務士とユニオンに係る、弁護士法72条違反との一考察

月刊「社会保険労務士」の9月号と、10月号、
「会員の広場」をご覧になっただろうか。
私が寄稿した、
「社会保険労務士とユニオンに係る、弁護士法72条違反との一考察」
が掲載されていたものだが、憤懣やるかたない。
国の代理店である社労士連合会が、
ユニオンの問題点を論じることは問題なのだろうか。
国民の公益の観点から、ユニオンの問題点を語ることが公益なのか、
これは、会員の皆様の判断に委ねたい。
当論文は、「社会保険労務士」の職域を考えるうえでも有益であるはずだ。
熟読玩味の上、私たちは何をすべきか、真摯に考えてほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

労災年金、追加給付700人=大阪、奈良で不適切調査-勤労統計

労災年金、追加給付700人=大阪、奈良で不適切調査-勤労統計(時事通信)

行政は何をしているのかの誹りは免れまい。
実務の現場において、助成金などの支払については、
重箱の隅をつつくような指摘をあれこれし、
気弱な社労士や事業主には、請求を断念させかねない指導をする一方で、
行政の不適切な調査で、国民の権利を侵害している。
人には、誰しも間違いがあるものだ。
しかし、近時、厚生労働省の誤りがあまりにも多いと感じる。
親方日の丸の緩慢な体制を、抜本的に見直してもらいたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「浸水リスク」不動産業者に説明義務なし 台風19号で浮かび上がった課題

「浸水リスク」不動産業者に説明義務なし 台風19号で浮かび上がった課題(弁護士ドットコム)

これまで想定されていなかった自然災害が頻発する昨今。
少しでも、想定されているリスクは、関係者が共有すべきだ。
とはいうものの、想定を超えるリスクが頻発しているのだから、
後は神頼みといった側面も否めない。
正直なところ、南の海に台風が発生したと聞いては、
その台風の進路を注意深く確認する以外、術はないのかもしれない。
また、南の海に、ご丁寧に、今度は2つも台風が発生した。
前回の台風で大きな痛手を受けた地域を、
再び直撃することがないように、私たちは祈るしかない。
人の力は、自然の前には、如何に非力であるか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

全国初の千葉・松戸市「すぐやる課」誕生から50年 SOS15万7千件に応える

全国初の千葉・松戸市「すぐやる課」誕生から50年 SOS15万7千件に応える(産経新聞)

人が困っているときに、その原因をすぐに取り除くこと、
これが本当のサービスだ。
商品の値引きをすることが、サービスと思われがちだが、そうではない。
客が困っていることを、解決してあげること、
不安な気持ちに寄り添い、安心させること。
これが本当のサービスだ。
それにしても、あの「マツモトキヨシ」が、松戸市長だったことを初めて知った。
そして、自治体の「すぐやる課」を発案したのも同氏だったことを知り、
そこかしこに展開する、町のドラッグストアーがより身近になった気がする。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

水没した北陸新幹線 「代替不可」の理由と「車両共通化」の真実

水没した北陸新幹線 「代替不可」の理由と「車両共通化」の真実(ITmedia ビジネスオンライン)

週末は、また雨の予想だ。
温暖化への懸念が予てより言われていたが、
これだけ顕著に私たちの身近な生活にかかわってくると、
どんなに鈍感な人でも、
遅ればせながら危機感を共有できるようになったのではなかろうか。
大雨の危険を感じ、河川の堤防に対しては決壊を警戒し、
高潮が引き起こす甚大な被害も忘れてはならない。
交通の大動脈である新幹線も、基地の立地において検討が課題とされる。
これまでの常識がすべて通用しない状況で、
それでも私たちは、柔軟な発想で困難を乗り切らなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

7月参院選は「違憲状態」と高松高裁

7月参院選は「違憲状態」と高松高裁(共同通信)

違憲状態は、違憲とは異なるらしい。
わかったような、わからないような、大人の都合で、
一票の格差として問題になる訴えにつき、消極的判断をしているものである。
何時になったら是正されるのか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「お前らは人間じゃないと言われてるようだった」男性は避難場所のすぐ外で台風の夜を過ごした

「お前らは人間じゃないと言われてるようだった」男性は避難場所のすぐ外で台風の夜を過ごした(BuzzFeed Japan)

台風が過ぎ、被害の状況が徐々に明らかになってきている。
多くの河川が決壊し、周辺住民の方はご苦労のさなかである。
少なからずの人命も失われ、
非難されている方の今後の見通しが立たない。
自然災害の前になすすべがない、人の非力を嘆かざるをえない。
また、弱者の救済が十分でないことも露呈されている。
高齢者、病院に入院している患者、ホームレス、ペット…
広範囲の災害発生時、弱者は二の次になるきらいは否めない。
今後、温暖化の進行とともに、この手の災害の回数が増えると懸念されている。
温暖化の進行を食い止めることと、災害発生をいかに防ぐか。
災害をめぐる、両輪の対策は、喫緊の課題だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

力でつかんだ快挙 ジョセフ・ジャパン、スコットランドも倒し史上初の8強進出

力でつかんだ快挙 ジョセフ・ジャパン、スコットランドも倒し史上初の8強進出(スポーツ報知)

大きな災害の後、国民の心沈む雰囲気を、
スポーツ界の頑張りが、心の支えに繋がる。
ラグビーは、大躍進の活躍だ。
男子バレーも、しかりである。
誰かが頑張っている姿を目の当たりにすると、実に心強い。
そういえば、東日本大震災の際の、なでしこジャパンもそうだった。
沈む心が、少なからず上向き加減になる。
台風の傷跡は、まだ、先が見えない。
しかし、スポーツ界の躍進で、皆の心がポジティブになってほしい。
次の試合も、健闘を祈る。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

静岡市で冠水被害 「膝下まで水」通報相次ぐ

静岡市で冠水被害 「膝下まで水」通報相次ぐ(毎日新聞)

まだ、台風の本体は離れたところにあるというのに、
全国の広い範囲で被害の状況が報告されている。
私はたまたま、出張で西日本にいるが、
関東の状況が気になって仕方がない。
テレビで有益な情報が提供されているが、
それを電話で知人に伝えることしかできないのがなんとも忍びない。
予想進路を大きくされてくれることを祈るばかりだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

家屋の対策や備蓄品リストの確認を

家屋の対策や備蓄品リストの確認を(東京都発行「東京防災」)

ニュースではどこの番組も、
この話題で持ち切りだ。
遭遇したことのない規模の台風。
何をどこまで準備をすればいいのか、
経験値がないだけに心配が膨らむ。
できる事をできるようにして、その時を待つしかない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

セブン&アイ、コンビニ1000店舗閉鎖・移転 グループで3000人削減

セブン&アイ、コンビニ1000店舗閉鎖・移転 グループで3000人削減(ロイター)

飛ぶ鳥を落とす勢いで、グループの勢力が拡大していた会社のまさかの衰退。
一時たりとも経営は休めない。
時代の変革を否が応でも感じる。
顧客のニーズと、時代の流れに追いつけない会社は同じ憂き目にあうのだろう。
今や、ネット関連の企業が急成長している。
これも時代の流れ。知らないでは済まされない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村