『ドムドムハンバーガー』を大復活させた敏腕社長は、37歳で“初就職”した元専業主婦

『ドムドムハンバーガー』を大復活させた敏腕社長は、37歳で“初就職”した元専業主婦(週刊女性PRIME)

様々な人生がある。

同じ人でも、ある年代を切り取れば、
いい時もあれば悪い時もある。
しかし、どのようなシーンでも、精一杯生きている人は輝いている。
浮き沈みは時の運と、
自己肯定ができる人が強い。
人生に無駄はない。経験は。必ず明日の糧になる。
今、この瞬間に命を懸けて生きる。
結果は後からついてくる。
焦らずたゆまず、その時を待てばいい。
生きるということは、困難を乗り越えていくことだ。
一つ山を越えれば、それだけ人は強くなる。
二つ超えればさらに強固になる。
三つも超えたら自信になる。
困難は、その人に与えられた成長するための課題だ。
それは避けるのではなく、立ち向かうためにある。
面倒がらずに、真摯に取り組む。

頑張っている人の話を聞くと、元気が出る。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

ハンコ手続き 存続はわずか83件

ハンコ手続き 存続はわずか83件(フジテレビ系(FNN))

「はんこを使う政府の行政手続きおよそ1万5,000件のうち、83件を除いて廃止、または廃止」…思い切った改革だ。これで行政手続が簡素化される。
副産物として、標準処理期間の短縮、人件費の抑制などが考えられる。
しかし、穿った見方をすれば、
これまでいかに無駄な作業が多かったかということになる。
押印の手続で、役所は諸事確認行為をしていたのだと思うが、
形式化した稟議、押印は、差別用語と指摘されそうだが、めくら判という。
内容を慎重に見なければ、ただ押すだけの押印は無用の長物だ。
それにしても、廃止される事務の件数の多さに驚いている。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

内村の熱き2分間の言葉 五輪開催協力求め国民に異例の訴え「できないと思わないで」

内村の熱き2分間の言葉 五輪開催協力求め国民に異例の訴え「できないと思わないで」(デイリースポーツ)

新型コロナウィルスの存在を知ってから、やがて1年になる。
オリンピックの招致合戦で、東京2020が決まったとき、
人々は沸いた。
誰もが、昭和39年のオリンピックを再び目にすることができると、
期待した。
そして今、ミラージュを受け入れられないでいる。
それを励みに、何年も頑張ったアスリートは勿論のこと、
経済効果を期待して、インフラに投資した企業も然りだ。
本格的な冬を目前にして、
北海道では、感染者数が増えている。
願えばかなえられるのか。
明るい糸口をつかみたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

下着は「白」、髪型「ツーブロック」禁止… 中学校の校則、適切か 佐賀県弁護士会が見直し提言

下着は「白」、髪型「ツーブロック」禁止… 中学校の校則、適切か 佐賀県弁護士会が見直し提言(佐賀新聞)

日本人は、規制されるのを好む傾向に無いか?
役所のすることは正しい。
校則は守らなければならない。
業界団体がしていることは逆らってはならない。
皆が従うのだから、仮におかしいと感じても、
少々のことなら目を瞑ってしまうのが無難だ、
波風立たせたくない。
このような考えが大勢ではないか。
しかし、本来ケースバイケースのはずだ。
個別案件に関して、具体的な評価をすべきだ。
私の場合は、まず間違いなく疑ってかかる。
もう少し、日本人は人権に敏感になって良いと思う。
自分の権利は自分で守る。
そうした考えが徹底してこそ、
社会の在り方を論じられる議論が成熟するのだと思う。

海外に目を転じよう。
2020年11月06日の時事通信の記事に以下がある。
「スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)は5日、
ツイッターで、米大統領選をめぐりトランプ大統領が
「集計を止めろ!」とツイートしたことに対し、
「落ち着けドナルド。落ち着け!」とやゆした。
昨年12月に米誌タイムが「今年の人」にグレタさんを選んだ際、
トランプ氏が「落ち着けグレタ。落ち着け!」
とツイートしたことをもじって言い返した形だ。」

日本の中高生も、彼女を見習ってほしい。
自分たちの権利が侵害されていたら、
弁護士会ではなく、自らが闘う学習をしてほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「蛮行だ!」ハンコ業界“直訴” 河野氏“釈明”も「腹立たしい」

「蛮行だ!」ハンコ業界“直訴” 河野氏“釈明”も「腹立たしい」(フジテレビ系(FNN))

トップに立つ人は、言動に慎重でなければならない。
今は識字率も上がり、下級国民だとしても愚民と侮れない。
対面で言葉を発する場合、それなりの配慮もするものだが、
機械に向かってするつぶやきは、どうしても脇が甘くなる。
酒を飲みながら、書き込みすることも可能だ。
しかしながら、どのような状態で投稿したとしても、
それがオフィシャルの場だとしたならば、
当人の発言として、半永久的に残ってしまう怖さが否定できない。

覆水盆に返らず。

無かったことにはならないのである。
SNSは、使い方によっては素晴らしい発信ツールだ。
しかし、不用意な発言は、決定的な墓穴を掘る。
大臣は、どこに落としどころをもっていくのか。
不用意な発言の代償は大きい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

バイデン氏、ペンシルベニアで逆転 米報道

バイデン氏、ペンシルベニアで逆転 米報道(AFP=時事)

「人事を尽くして天命を待つ」
まさにこの言葉がぴったりのシーンだ。
前回の大統領選でもそうだったが、
前評判はあてにならない。
選挙前は、バイデン氏優勢が伝えられていたが、
いざ、蓋を開ければ大接戦だった。
遅々として進まないと感じる開票作業は、
バイデン氏にとって一日千秋の思いだったに違いない。
正しいことをしていれば、おのずと結果はついてくるものだ。
その逆も真なり。
焦らず、弛まず、当たり前のことをコツコツとやり続ければ、
成功に近づく。
簡単なことだが、人がなかなか成功できないのは、目前の結果を見ずして、
自分はダメだと途中であきらめてしまうからだ。
失敗の最大の要因は、モチベーションが維持できないこと。
諦めてしまうことだ。
自分はできる、必ず成功する。
そう鼓舞しながら、
結果が出るまで、もうひと踏ん張り頑張ってみよう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「勝手に勝利宣言」で分断加速 衝突で流血も…荒れるアメリカ

「勝手に勝利宣言」で分断加速 衝突で流血も…荒れるアメリカ(フジテレビ系(FNN))

アメリカのイメージが崩壊していく。
強いリーダーシップがあったはずの、
大統領のメッキがはがれていく。
人材不足か?それとも人々のモラルの低下か…。
コロナ禍の世界的閉塞感の中で、人々は憤懣のはけ口を模索している。
トップは、オーラがなければならない。
トップは、忘己利他でなければならない。
(忘己利他とは、自分を忘れて他人のためにつくすことをいう。)
トップに恵まれない国民は不幸である。
しかし近時、右を向いても左を向いても、
人々を唸らせるストップは不在だ。
世界の警察と言われたアメリカは、今、混迷を極める。
この先、世界の動向が極端に不安定となることだろう。
リーダー決めを収束させ、人類のためにも一日も早い安定を願う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「まさか、家をなくすとは…」コロナで住宅ローン払えずに競売通告 年末にさらに増える見込みも

「まさか、家をなくすとは…」コロナで住宅ローン払えずに競売通告 年末にさらに増える見込みも〈AERA〉

じわりじわりと、コロナは人々の生活を脅かしている。
不測の事態に、社会がリスクを抱えきれなくなってきていることが分かる。
一年前の今頃、現在の社会情勢を予測していた人はいないだろう。
幸せにも、間近に迫ったハロウィンをどう過ごそうか、
その様なことを考えていた人が大半だっただろう。
あれから五輪が遠のき、多くの会社が倒産した。
一寸先は闇である。
じわりじわりときている。
今まで通り、そのままでやっていては、
やっていけない業種があまりに多い。
生活苦に陥る人が多くなるということは、
それに比例して、犯罪も増加するということだ。
誰とっても対岸の火ではない。
好むと好まざるとに関わらず、
喫緊に変えなければならない。
人々の考え方を、社会の対応を、ライフスタイルを…
政府の補助金も、いつ底をつくかわからない。
考え付く、ありとあらゆる手段を短期で試さなければならないだろう。
とにかく走りながら考えなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

パリ近郊で教師殺害 授業で預言者風刺画見せる 容疑者、チェチェン人か

パリ近郊で教師殺害 授業で預言者風刺画見せる 容疑者、チェチェン人か(時事通信)

表現の自由の授業で、例示として用いた題材が原因で命を落とした教師。
過度な宗教は盲目的で、共通語を持たないということを改めて感じる。
名誉感情は、非常にデリケートな問題である。
風刺という文化を支える表現者たちも、
改めて戦々恐々としているのであろう。
以心伝心で過ごしてきた我が国の文化も、
近時、世代間のギャップで崩壊しつつある。
所詮、個は個である。
何も言わずに相手を察すること、察してもらうことなど、
期待する方が無理になってきているのである。
デジタル化が進み、場の雰囲気を読む機会が減ることで、
相手の痛みを察する機会を逸するのは、
社会の健全な育成といった観点から非常に危うい。
人に合わずに、デジタル会議というのも私の性にはあっていない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

渡辺満里奈「プライベートなことと選手としての能力は、また別に考えた方がいい」…瀬戸大也の女性問題

渡辺満里奈「プライベートなことと選手としての能力は、また別に考えた方がいい」…瀬戸大也の女性問題(スポーツ報知)

そのとおりだと思う。
世の風潮は何でも叩きすぎではないだろうか。
確かに刑法に触れる悪事は、社会が厳しく監視しなければならないだろう。
しかし、倫理に関する事で選手生命を危うくされることは適切だろうか。
本人は勿論のこと、日本の水泳界にとっても残念である。
根本は、民事の問題であり、当事者間のことである。
それを周囲がとやかく言っていいのだろうか。
本件の場合、小さな子供を抱えた奥さんが一緒に謝っている。
夫の女性問題で、家族の収入の道が絶たれようとしている。
被害者である奥さんが、夫へのバッシングのために、さらなる被害者になっている。
これが正義といえるのだろうか。
やはり世間は過剰に騒ぎ過ぎである。
倫理の問題で、過剰に人を叩いてはならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

本田真凜 まさかの曲間違い…即興で滑り切り7位 東日本進出「こんなことある!?」

本田真凜 まさかの曲間違い…即興で滑り切り7位 東日本進出「こんなことある!?」(デイリースポーツ)

人生にはハプニングがつきものだ。
予期せぬ出来事が本番で起きたとしても、日頃の練習が身を助ける。
機転を利かせ、
何事もなかったかのようにプログラムを構成するなど、
凡夫には至難の業だ。
それが、大きな大会での出来事である。
これまで、成績は鳴かず飛ばず、
その容姿や姉妹との話題が先行していたが、
いやいや、度胸があるなかなかの実力者である。
見直した。
さてはて、仕事も同じだ。
不測の事態で、どれだけ平常心を保てるか。
これがプロの仕事である。力量の見せどころである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

ANA、社員の副業を大幅拡大へ 他社で雇用契約OK

ANA、社員の副業を大幅拡大へ 他社で雇用契約OK(朝日新聞社)

働き方改革は、否応なしにしなければならない時代になった。
大企業とて、その流れに逆らうことはできない。
副業の解禁が進む中、
やはり気になるのは労務管理である。
加重労働をどのように判断するのか、
労災の原因をどこに求めるのか。
補償の配分はどう考えるのか。
未だ、完全にはクリアーできてはいないものの、
業績悪化で仕事がなくなってきた以上、
とにかく走りながら考えていくしかない。
労働者側にしてみれば、強い精神力と、
強靭な体力の管理をしなければならない。
将来のビジョンを持ち、ポーズだけでも、
前向きなスタンスで生きていくしかない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「心が折れた」老舗や名店が次々に閉店…新型コロナ影響で客足途絶え

「心が折れた」老舗や名店が次々に閉店…新型コロナ影響で客足途絶え(神戸新聞NEXT)

長期化するコロナは、人々に様々な影響を及ぼしている。
幸いにも、マスクや消毒液を扱う業者は需要が伸び、
業績が上がっているだろうが、
多くの企業が、これまでの対応と余儀なくされ、路頭に迷っている。
老舗と呼ばれる店は、これまでの伝統が、
新たなチャレンジに、ブレーキをかけているのではないだろうか。
それに、行に従事する経営者も、
既にご高齢の方が多いのではなかろうか。
既存の価値観を変えるのは、これまでの生き方を否定されるようで忍びないし、
また、今もこれからも、過去の延長と捉えて過ごしてきた人には、
斬新なアイディアが浮かんでこないのかもしれない。
しかし、現実からは逃避できないのだから、
何かをしなければならないと焦燥感にさいなまれる。
そろそろ、助成金などばら撒き行政も先が見えてきてしまった。
何をすべきか、何ができるのか。
経営者は頭の痛い日々である。
しかし、明けない夜はない。
明るい未来を信じて、今を上手に乗り切ろうではないか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

48歳で役者の道へ。「願えば叶う」体現する海道力也という生き方

48歳で役者の道へ。「願えば叶う」体現する海道力也という生き方

「願えば叶う」大好きな言葉だ。
情熱があれば、年齢は関係ない。
駄目だと自分で壁を作ってしまったら、成功はない。
人と同じ価値観でなくてもいい。
オンリーワンの異彩を放て。
分かっていても、
なかなか順風満帆にことが運ばないとき、
人は落ち込む。
それは仕方がないとこだ。
しかし、絶えず求めていれば、
どこかで、運気が変わる。
何度でも、自分に言い聞かせ、細胞の隅々まで、
成功を確信させることが大切だ。
脳は司令塔である。
「願えば叶う」何度でも言い続けたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

NYの日本人ピアニスト、暴行で大けが ファンら支援金

NYの日本人ピアニスト、暴行で大けが ファンら支援金(朝日新聞デジタル)

生きているということは、リスクを負いながら暮らすことでもある。
ジャズピアニストが、ジャズの本場で活躍することは望外の喜びであろう。
しかし、悪漢の暴行に重傷を負った。
犯人もわからない。
ピアニストのこれまでの軌跡をたどると、理不尽この上ない。
彼を支えるファンの思いはそれ以上だろう。
生きているということは、想定外のリスクを負っていることに他ならない。
それは、ピアニストに限らない。
等しく、生きている私たちも同じである。
回復してくれることを願う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ