「不安だけど楽しみたい」 GoTo活用、「尚早」指摘も 連休初日の観光地や東京

「不安だけど楽しみたい」 GoTo活用、「尚早」指摘も 連休初日の観光地や東京(時事通信)

事務所では、複雑な勤務形態の、
雇用調整助成金の処理をしているかと思えば、
かたや、GoTo。
皮肉にも、東京の感染者数は、過去最大の366人。
やはり、今回のキャンペーンは時期尚早だろう。
感染拡大を懸念して、経済活動を止めた時期より、
感染者数が倍増した今、なぜ、経済活動を促進するために、
人の移動を推奨するのか。
場当たり的な政府の無策ぶりが、また明らかになった。
これでは、いくら財源があっても枯渇するのは目に見えている。
中、長期的な視野を欠いているとしか言いようがない。
潜伏期間が開ける2週間後、
全国でパンデミックが起きていそうで恐ろしい。
杞憂であってほしいが…

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「参考書も流されてしまった」 受験生「勉強できない」 熊本豪雨被害の球磨村 小中休校し避難所生活

「参考書も流されてしまった」 受験生「勉強できない」 熊本豪雨被害の球磨村 小中休校し避難所生活(熊本日日新聞)

被災地の皆さんは、生活が一変して、さぞ大変な日々を過ごされていることと思う。
災害列島は、いつ、どこで、未曽有といわれる災害が起きてもおかしくない。
とても他人ごととは思えない。
今、受験生は、自分の次のステップアップへの大切な時期にさしかかり、
そうでなくても、多感な時期だ。
そうしたときに、災害が原因で思うように勉強ができないことは、
相当なプレッシャーに違いない。
確かに、大変だ。焦る気持ちもわかる。
しかし、受験は長い人生の通過点でしかない。
自分にやる気さえあれば、仮に今は不遇であっても、
いつでも挽回できる。
環境が整はないのは、自分のせいではない。
どうにもならないときは、抗わず、
自然の成り行きに、身を任せるのも一つの手だ。
きっと将来において、今の体験が人生に役立つ時が来る。
無理をせず、今すべきことを淡々とこなして欲しい。
前途多難な子供たちに、心からエールを送りたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

米6歳少年が犬に襲われた妹救出、SNSで女優から賛辞

米6歳少年が犬に襲われた妹救出、SNSで女優から賛辞(CNN.co.jp)

わずか6歳にして、実に勇敢な少年だ。
ネグレクトの末に、
幼い我が子を死に追いやる、
愚かな親に見せてやりたいではないか。
自らが危険にさらされても、大切な、愛する妹を助けたい。
そう簡単にできる行動ではない。
この兄妹は、生涯お互いを支え合う、良い関係を築けるのではないだろうか。
暗いニュースが多い中、久々に心温まるトピックスだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

藤井聡太棋聖「一つの結果が残せてうれしい」史上最年少17歳でタイトル

藤井聡太棋聖「一つの結果が残せてうれしい」史上最年少17歳でタイトル(スポーツ報知)

記録は破られるためにある。
30年ぶりの偉業は、どこまで記録として残るのだろうか。
天才と呼ぶにふさわしい棋士は、
努力の人でもある。
才能だけでなく、不断の努力で技も身に着ける。
どちらがかけても、偉業はなしえなかっただろう。
今後が楽しみだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

刑事手続きの電子化、検討開始 数年後にはメールで令状

刑事手続きの電子化、検討開始 数年後にはメールで令状(朝日新聞デジタル)

メールで令状が送られる…
確かに人の動きが簡略化される。
しかし、個と人権に係る内容となると、
その様に簡単でいいのかと逆に心配になる節がある。
チャチャッと書いて、ボタン一つでサッと送る。
待てよ…と考える機会が減る。
利便性を追求しすぎると、本質を見失いやしないか、
昭和の人間は、デジタル化の流れに安易に身を任せられない。
それが時代といえばそれまでだが、
人々の心まで、デジタル化してほしくないと願う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

古時計

購入してから50年になるだろうか…。
古時計が命を吹き返した。
大きな、大理石をあしらったロシア時計。
当時、亡き妻と共に大枚をはたいて手に入れたアンティーク品だ。
勿論、ぜんまい式で、大きなねじでバネをまく。
常にこれを動かすためには、ひと手間かかるわけだが、
デジタル音に囲まれた私たちの生活に、安らぎの音を放つ。
自己主張せず、ひたすら己の役割を果たす、時の刻印。
体に似合わぬ小さな音で、チクタクチクタク、等間隔に時を刻む。
30分毎に、ロンドンのビッグベンをコンパクトにしたような、
心に染み入る音を放つ。
また1時間ごとに、微妙に変化をつけた音を響かせる。
実に落ち着く時だ。
なぜ、このような逸品を長いこと寝かせてしまったのだろうか。
利便性にかまけて、
私たちは、実は大切なものを数多く置き忘れてしまっているように思う。
ほんのひと手間で安らぎが確保できるのならば、
それをしない手はない。
これからの人生、私はこの時計と共に歩む。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

熊本派遣の高松市保健師感染 希望の避難者にPCR検査「精神的に二重の打撃」

熊本派遣の高松市保健師感染 希望の避難者にPCR検査「精神的に二重の打撃」(毎日新聞)

想定内の憂慮が具体化した。
悪いことが重なると、心が萎える。
しかし、現実は直視しなければならない。
現状はこうだ。
問題点はこうだ。
解決策はこうだ。
明けない夜はない。
夜明け前の闇は、漆黒だ。
その先の再生を信じて、今を耐えていただきたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

厚労省、経路不明感染で労災認定 小売店販売員、接客が原因か

厚労省、経路不明感染で労災認定 小売店販売員、接客が原因か(共同通信)

労働者にとって、画期的な判断だ。
未曽有の天災に対し、国が広く救済しようとする意思の表れでもある。
それにしても、東京都など、感染者数の増加が止まらない。
いつ収束するかわからない天災が長期化すれば長期化するほど、
財政への圧迫が懸念される。
出と、入りの関係。
今は、忍耐しかないのだろうが、
今後避けては通れない、
倒産の問題、失業の問題…
経済の疲弊は、人々の生活を一転させる恐れが高い。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「逸失利益」定期払い認める 交通事故障害賠償で初判断 最高裁

「逸失利益」定期払い認める 交通事故障害賠償で初判断 最高裁(時事通信)

チャレンジャーである。
これまで認められていなかったことを、最高裁まで持ち込んで争った。
そして、新しい方法を勝ち得た。
損害賠償の一時払いか、全額払いか。
小さな会社が相手の場合、
全額払いで金があるときに支払ってもらったほうが有利だ。
しかし、大手会社で分割払いに応じてくれるならば、
債権者は、損害賠償金の支払いがある間、
決まった金が入ってくるわけだから、安定した収入が見込める。
親御さんが、被害者の子供の将来を案じて、
最高裁まで戦ったのではないだろうか。
被害者にメリットになることは、司法の場で積極的に採択すべきだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

9県の60河川73か所で氾濫…死者57人、不明16人

9県の60河川73か所で氾濫…死者57人、不明16人(読売新聞オンライン)

各地で信じられない光景が繰り広げられている。
梅雨の時期、確かに昔も大きな災害はあった。
しかし、一度の低気圧接近で、これまで広範にわたり、
人々を不安にさせた災害はなかっただろう。
救助しようも、あまりに広すぎて、
どこから手を付けてよいのやら思案に暮れる。
コロナに、大雨…
財政面でも支援がいきわたるのか…
不安材料が多い。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「売り上げ戻った矢先に…」再び増える感染者、不安の声

「売り上げ戻った矢先に…」再び増える感染者、不安の声(朝日新聞デジタル)

コロナは長期戦である。
本来なら、2020年7月は、オリンピックだったはず。
予期せぬ禍で、人々の生活が一転した。
ようやく先が見えない自粛生活にピリオドが打たれたと思ったが、
再び、感染者が増大している。
涼しくなる時期に、再びパンデミックが来ることは想定していたが、
夏のこの時期からこれでは、先が思いやられる。
収束は、いつになるのか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

河井夫妻にも夏の「ボーナス」 319万円、野党「議員辞職を」

河井夫妻にも夏の「ボーナス」 319万円、野党「議員辞職を」(共同通信)

民間は、コロナの影響で倒産が相次ぎ、失業者が続出する中、
ふざけていやしないか?
確かに決まりは決まりでも、
多額の血税がこうした人のボーナスに使途されることに、
国民の納得を得られないのではないか。
支給することが決まりならば、
不測の事態に対応できる例外規定も必要だ。
しかし、自らに起こりうる不祥事を想定し、
規則を作る側の議員が及び腰なのだろう。
実に腹立たしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

日本最高齢88歳のチアリーダーのスゴイ行動力「幸せ・最高・ありがとう」を胸に

日本最高齢88歳のチアリーダーのスゴイ行動力「幸せ・最高・ありがとう」を胸に(週刊女性PRIME)
遺影はライブTシャツ!84歳で亡くなったおばあちゃんの「純烈愛」あふれる写真が最高すぎる(BuzzFeed Japan)

2人の女性の生き方、生き様に触れ、
つくづく人生は自分のものだと思い知らされる。
世間体を気にせず、好きなことを徹底して行動する。
とても幸せそうではないか。
他方、知り合いに私より一つ上の医師がいる。
歳も歳だから、息子に身代を譲ってそろそろ引退をと考えているという。
三人の子供は、医師に裁判官に弁護士。
其々が優秀である。
しかし、この年になって
誰も家に寄り付かず、広い家は、老妻と二人きりで寂しいという。
昔のように、遊びに来いと言う。
彼に比べて二人の女性は、
いつも誰かがそばにいて、笑いが絶えない人生である。
社会的な地位ということからすれば、医師の彼が勝っているとは思うが、
人生の終活という点からすれば、果たしてどうなのか。
人間力、行動力、最後はそうしたものが評価されるのかもしれない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

生活保護費引き下げ巡る訴訟、原告の請求棄却…名古屋地裁

生活保護費引き下げ巡る訴訟、原告の請求棄却…名古屋地裁(読売新聞オンライン)

財政には限りがある。
その中で、生活保護を受ける方の人数には限りがある。
需要と供給のバランスで調整をつけるとするならば、
財源を増やす、支給を減らす、その両方、
のいずれかの施策をとらなければならない。
支給額と、最低限度の健康で文化的な生活のバランス。
こちらも、大変な決断だ。

北野たけし氏のご母堂が、氏の幼少期に尋ねた
「たけし。貧乏から抜け出るにはどうしたいいと思うか?」
氏が答えあぐねていると、手を引いて連れてこられたのが本屋だという。
「いいか、たけし。貧乏したくなかったら勉強することだ」

そのとおりだ。
人の後についていくばかりの人生では、生活が潤うはずはない。
自分で考え、自分で決定し、自分で行動する。
頭を鍛えた人でなければなし得ない業である。
生活保護を受給されている人の中には、
身体の事情でどうしても就労ができない人もいるだろう。
しかし、自分で動ける人は、
また、育児や介護で身動きができないような人は除き、
自分の足で、生活の基盤に立ってほしい。
支えられる側から、支える側に回ってもらい、
本当に保護を必要としている人のサービスの向上に、
一役買ってほしい。
そのためには、勉強だ。
自分の商品価値を高めることだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

つばめ

当事務所の横に、駐車場がある。
駐車場といっても、ビルの中にある、タワー式だ。
この駐車場の入り口、天井部分には、
ちょっとしたライトが取り付けられているのだが、
天井とライトの間に、ツバメの巣がある。
巣の中には、黄色い三角形のくちばしが3つほど見える。
親がかいがいしく、エサを運ぶ。
実に愛らしい。
しかし、この場所は、巣から天井までの幅が狭く、
壁面の高さが低いため、ヒナがよく落ちるという。
掃除のおばさんが見つけては巣に戻し、
また見つけては巣に戻しを繰り返していたそうだ。
そうしていたところ、事故が起きた。
落ちたタイミングに、自動車が入庫してきたのだろう。
小さな命は、煎餅状の小さな骸に化した。
一瞬の油断が、致命的な事故につながる。
小さな命も、生きるために懸命に戦っている。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ